採用動画の大きな効果を実感しましょう~ドンドン集まる宣伝~

サービス業者を利用

広告

動画制作の依頼先の違いと発注方法

動画制作サービスは大小の企業が担うものに加えて、個人の動画クリエーターが行うものがあります。 一般的な大小の企業に動画制作を発注する場合には、そのホームページ等から依頼フォームに記入したり、電話連絡を入れたりすることでヒアリングを行ってもらうのが一般的です。そして、内容と料金プラントをすり合わせて発注することになります。 一方、個人に動画制作を依頼する場合には直接連絡をとる方法と求人を行う方法があります。近年ではマッチングサイトが広まっていることから、それを利用することで登録されているクリエーターの中から適切と考えられる人材を抜擢できます。あるいは業務内容について掲示してその応募を待ったり、エージェントに紹介を依頼することもできます。

実際に従事する人をよく知ることができる個人への発注

近年のトレンドとして個人の動画クリエーターを利用する試みが人気を高める傾向が強まっています。その理由として大きいのが費用面であり、企業に依頼するのに比べて比較的安価に発注できるということがあげられます。 しかし、これには別のメリットもあります。企業に発注する場合には、これまでの完成品の質を見て平均的に見たらこの程度の品質のものが期待できると考えて決めることになります。一方で、個人に依頼する場合にはそういった成果物の評価ももちろん行われるものの、より個人として信頼に値し、自分たちにとってメリットのある動画制作の仕事をしてくれるかという点を評価することができます。実際に従事する本人についてより良く知ることができるのが個人への依頼が人気を集めている理由でもあるのです。